デヴィ夫人の歯の真実!歯は自前かセラミックか?歯が無くて総入れ歯は嘘?

未分類

デヴィ夫人は何歳になっても美しく若々しく、デヴィ夫人のように生きることができたら人生楽しそうだ~と思えるお手本です。

その若さの秘訣の一つにデヴィ夫人の「歯」があるようです。

確かにデヴィ夫人の歯をマジマジ見たことはありませんが、「綺麗な歯に違いない」という印象があります。

デヴィ夫人の歯について。

Sponsored Link

81歳のデヴィ夫人、28本の自前の歯!

 


デヴィ夫人のご年齢が81歳、と聞いて私は改めて驚きました!81歳にしてあれほどお元気、というのは素晴らしいですね。そして81歳のデヴィ夫人、ご自身の歯が28本、揃っているそうです。

ですから硬いおせんべいもバリバリご自身の歯で食べられるようです!

80歳の方の歯が残っている本数は平均17本、ということなので、デヴィ夫人が如何に素晴らしい歯の持ち主か、その本数だけでもわかります。

ここでちょっと注意しておかなければいけないのは、自分の歯の根が有れば「自分の歯」という言い方をします。つまり、治療痕があっても、差し歯にしても」が有れば「自分の歯」と言います。

Sponsored Link

デヴィ夫人、虫歯ないが治療痕はある!

 


2018年のTV番組でデヴィ夫人の歯科検診が行われました。その時、担当した歯科医師がデヴィ夫人の歯を

「歯医者をやって20数年。こんなに素晴らしい歯は見たことがない!」

と絶賛しました。

当時78歳という年齢でありましたが28本の歯が健全な状態で残っていたことを絶賛したのです。虫歯も一本も無かったそうですよ。

が、実はデヴィ夫人の歯には実際には治療痕があるようです。

それはデヴィ夫人の前歯は部分的にはセラミックではないか、と言われています。その根拠は2011年1月17日のデヴィ夫人のブログで

「エッ    私の歯、   折れてる・・・・!!!」

<引用元・・・デヴィ夫人のアメブロ>

と階段から落ちて怪我をされ、歯を折ってしまったことを告白されています。腫れでアザのあるお顔を見ると相当ひどく折ってしまったのではないかと推測したのですが、ちょっと欠ける程度だったようです。

その後デヴィ夫人は帝国ホテルの審美歯科に行って治療をしてもらったようです。

その時担当の歯科医師に

「頑建な歯を持たれていますね」

と褒められたそうです。

これらのことから、デヴィ夫人は虫歯は一本もないですが、治療痕は有るのです。

それにしても虫歯が一本もない、81歳のご年齢ですべて自前の歯というのは本当に素晴らしいですね。

Sponsored Link

デヴィ夫人の歯は現在どうなっている?

 

それにしても、お美しい!

デヴィ夫人は「セラミックラミネートベニア上前歯2本」と言われています。

確かに、前歯2本の透明感というか白さが際立って見えますね。

 

 

デヴィ夫人が総入れ歯、という噂は?

「デヴィ夫人 歯」で検索するとサジェストや関連キーワードに

歯が無い

総入れ歯

入れ歯

といったものが出てきます。

デヴィ夫人は80歳をこえても28本の歯が綺麗に残っているのになぜ、そのような話があるのか不思議です💦

調べてみたら、なんとデヴィ夫人がスカラノ大統領と結婚した1962年頃からまるで「都市伝説」のように言われています。

これはスカラノ大統領と結婚したときからデヴィ夫人はとても歯並びが良く歯が綺麗でした。当時は歯列矯正なるものはほとんど行われておらず、お金持ちは「総入れ歯」で歯並びが綺麗、というイメージがあり、そのことからデヴィ夫人も「総入れ歯なのでは?」と思われたようです。

でも真相は全く逆で、81歳となられた今でも、ご自身のはが28本ものこっているという素晴らしさです。

それにしても、虫歯が無い、というのは素晴らしいですし本当に羨ましい!

 

Sponsored Link

 

まとめ

デヴィ夫人は歯が美しいことで有名です。

81歳になられた現在も28本のご自身の歯が残っていてまた虫歯も無いそうです。

でも治療痕だけは有るようです。この治療は、虫歯によるものではなく階段から落ちて歯が欠けてしまった治療のあとです。

歯科医師も絶賛する丈夫な歯はデヴィ夫人の健康の源であるに違いありません。

デヴィ夫人、これからもずっとお元気で活躍をして私たちに元気を与えてください!

Sponsored Link

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました