虎屋の最中「弥栄(いやさか)」を食べた感想

虎屋の最中弥栄(いやさか)をいただきました。

実はわたくしは最中は好きな部類ではないので、結構厳しめな目線です。

そもそも最中はあの周りの皮がカサカサなので口に入れると口の中の水分を全部持っていかれる感じがしています。

そして保存の関係だとは思うのですが中の餡も他の和菓子よりも甘く感じ、甘党の私にもあまりおいしく感じないのです。

でも、今回は天下の「虎屋」だから、と期待は膨らみます。

目次

虎屋の最中「弥栄(やさか)」の見た目

高級な個包装をそっと開けると恭しく出てきましたのが菊をモチーフにした最中です。

最中「弥栄」という名前の由来は「いよいよ栄えに栄える」という意味です。

お~!これをいただいたら私の人生も栄えるかもしれない!

モチーフの菊の花の花言葉は「高貴」「高潔」「高尚」で非常におめでたい花と言われています。

それを知って弥栄を見ると本当に気高くて、襟を正していただかなくてはいけない気がしてきました。

せっかくなのでお抹茶でもたてますか。

と思っていたのに、コーヒーを片手にした夫が「これ食べていいの?」と聞くので、「ちょっと待って」と制して写真を撮っているのでなんだか落ち着かない・・・。

和菓子は心静かにゆったりといただくものですよ~。

まずは、見た目を愛でてね。

虎屋の最中「弥栄(やさか)」のお味

私はどちらかと言うと最中は小倉餡が好きなので、小倉餡の弥栄に期待は膨らみます。

一口いただくと、最中の皮が口の中に張り付くような粗野な感じはなく、上品な皮の中に程よい甘さの小倉餡。

今までの最中の印象がちょっと変わりました。

そういえば、最中をいただいたのは本当に久しぶり。

子供の頃、最中を到来物でいただいてもいつまでも残っていた記憶がありますが、虎屋の最中「弥栄」でしたらそうはならないような気がします。

皮のや柔らかさと分量が餡にピッタリ合っているのだと思いました。

見直したわ、最中!

虎屋の最中「弥栄(やさか)」のお味は上品

今回の和菓子は虎屋の最中「弥栄(やさか)」をいただきました。

スーパーのレジ横にも最中は売っていてそれなりに美味しいかもしれませんが、虎屋の最中「弥栄」のお味はあんの甘味も皮も上品で別格です。

最中をあまりお好きでない方も、最中の印象が変わるかもしれませんよ。

是非召し上がれ~。

最中 弥栄

presentation test

最中 弥栄

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次