岸田文雄の嫁・裕子夫人 学歴は東京女子大学卒!英語力は?(動画他)

未分類

内閣総理大臣に岸田文雄氏が就任しました。

岸田文雄氏は広島の出身で現在64歳。この難しい時期に強いリーダーシップが期待されています。

岸田文雄氏の奥様裕子夫人は才媛の誉れ高い美人です。これから首相夫人としての活躍が期待されます。そういえば夫の足を引っ張る自由な令夫人もいらっしゃいましたっけ。

さて岸田文雄氏の裕子夫人はどのような方なのでしょうか。気になるところです。

Sponsored Link

岸田文雄総理大臣の嫁 裕子夫人の学歴

岸田文雄総理大臣の嫁裕子夫人の学歴は次の通りです。

中学・・・広島女学院中学

高校・・・広島女学院高校

大学・・・東京女子大学

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

岸田文雄の英語力 スピーチ動画で発音や会話力を判定!通訳は必要?

Sponsored Link

 

裕子夫人の中学高校は広島女学院を卒業

岸田裕子夫人は地元広島の私立の中高一貫校である広島女学院に進学しました。

この広島女学院は広島のお嬢様学校として有名でまた伝統のあるミッションシュクールです。また、広島女学院は英語の教育に力を入れていることで知られています。

またこの広島女学院は、スーパーグローバルハイスクールの指定がされています。これは、国際的に活躍できる生徒を増やすための取り組みが行われている学校、ということだそうです。従って英語教育に力が注がれています。

岸田文雄氏が外務大臣に就任していた2017年に裕子夫人の母校広島女学院高校で行われた「カケハシ・プロジェクト」が催され、裕子夫人はその交流プログラムに参加をしました。

東京女子大学に進学し英語力を磨いた裕子夫人

岸田裕子夫人は、その後は東京女子大学に進学しました。

学部までは明らかにされていませんが、おそらく大学在学中も英語力を磨かれた裕子夫人。

岸田文雄氏とご結婚され外務大臣夫人となった時もその英語力を発揮されました。

このG7広島外相会合配偶者プログラムで、岸田裕子夫人は通訳なしに各国の夫人と交流をし見事のその役割を果たした、とその英語力が高く評価されました。


通訳無しで会話をされている裕子夫人↑

Sponsored Link

岸田文雄氏の裕子夫人基本データ

 


岸田裕子夫人は1964年8月15日生まれ、2021年現在57歳です。出身は広島県です。

岸田文雄氏が広島出身なので同郷なのですね。

岸田文雄氏とは1988年に結婚をされ、3人のお子様に恵まれました。

Sponsored Link

岸田文雄総理大臣と裕子夫人の馴れ初め

岸田文雄氏と裕子夫人はお見合い結婚です。

お見合い結婚というとお二人の間を取り持つような方がいらっしゃいますが、岸田ご夫妻の場合はお二人のおばあ様がお友達だったとのことです。つまり、お友達同士が、お互いの孫をどうかしら?と引き合わせご本人同士が意気投合して結婚に至った、ということですね。

裕子夫人は大変美人でいらっしゃいますから岸田総理は裕子夫人に一目ぼれだったそうですよ。また裕子夫人も岸田文雄氏に初めて会った瞬間に

『私、この人と結婚するんじゃないかな』

と思ったそうです。

岸田文雄総理のお若い頃の写真をみるとなかなかのイケメンでいらっしゃいます。裕子夫人がご結婚を予想されるのも当然かもしれません。

でも、そのお見合いしたとき、まさか夫になる人が自民党総裁、内閣総理大臣に上り詰めるとは考えてもいなかったのではないでしょうか。

<引用元 https://thebeatles-eightdaysaweek.jp/>

1988年、岸田文雄総裁が31歳、裕子夫人が24歳の時に結婚しました。

Sponsored Link

岸田文雄氏の裕子夫人の実家は会社経営

その岸田裕子夫人のご実家は裕子夫人の父親である和田邦二郎さんが社長を務める「三次(ミヨシ)開発興業」という不動産会社を経営しています。

三次開発興業は、1969年に設立された老舗の不動産賃貸業者です。

不動産会社は資産家で無いとできませんから、裕子夫人のご実家は裕福な事業家ですね。

 

まとめ

岸田文雄総裁の奥様裕子夫人の学歴は広島の名門女子校である広島女学院中学、広島学院高校を卒業したあと東京女子大学に進みました。

そしてその学生時代に磨いた英語力で通訳無しに外相夫人を見事に務めました。

岸田文雄氏が内角総理大臣となられますので、裕子夫人の活躍も期待されます。

Sponsored Link

 

タイトルとURLをコピーしました