吉川晃司若い頃の画像 髪は黒々していて、体形は細身。服装や髪型に昭和感!

未分類

最近ドラマで渋くてかっこいいと評判の吉川晃司さん。

NHK大河ドラマで織田信長役を演じてから、俳優吉川晃司さんとしての活躍が目立ってきたように思います。

私としては、「下町ロケット」で阿部寛とやりあって最後は良き理解者となる重鎮「財前道夫」役がドはまりだったなあ!と思います。

今は白髪をちょっとシルバーヘアにして重厚な役が似合う吉川晃司さんですが、若い頃はバリバリのロックミュージシャンでお人柄も尖っていました。あの頃には若さが醸すカッコよさが有りました。

今日は若い頃の吉川晃司さんの画像を見ながら当時を振りかえりたいと思います。

Sponsored Link

<髪型に昭和感がありますね!>

 

お若い頃はどのようなミュージシャンだったのでしょうか。

デビューのきかっけ

吉川晃司さんのデビューのきっかけがスゴイです!

音楽界でビッグスターになる!という夢を抱いていたにもかかわらず、一向に芽が出ない吉川晃司さんはある行動にでます。

<今もスマートですが、若い頃はもっと細かった!?<>

それは「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」という手紙を自分で書いて渡辺プロダクションに送りつけたのだそうです。そして、その誰だかわからない人から来た手紙を信じて本当に会いに行き実際に売り出したナベプロもすごい!と思います。

が、やはり、自分からそのような行動を起こす吉川晃司さんに下町ロケットで演じた「財前道夫」を思うのは私だけではないと思います。

吉川晃司さんは若い頃から頭が良いし、行動力もあったのです。

<結構、ギラギラした野心?もあったはず!>

ナベプロ時代

1965年生まれの吉川晃司さんは1984年にシングル「モニカ」で歌手としてデビューしました。

モニカと言えばバク転や足を垂直に蹴り上げる吉川晃司さんの姿を何となく今も覚えている人も多いでしょう。

当時所属していたナベプロでは「10年に一度の逸材」とまで言われたそうです。

その後22歳で独立しました。

<髪は黒々!>

吉川晃司の演技力についての記事はこちら↓

吉川晃司の演技力は?下町ロケットの財前役は大根役者か重厚な存在感か?

「COMPLEX」時代

1988年布袋寅泰さんと「COMPLEX」と組んで活動を始めましたが、1990年には活動を停止。音楽に対する考え方の相違から最後は喧嘩別れになってしましました。

Sponsored Link

事務所を設立するも利益の出ない時代が続く

吉川晃司さんは個人事務所を立ち上げましたが一つ目の事務所「セブンスエンタープライズ」ではスタッフが資金を使いこんで解散。

二つ目の事務所「アクセルミュージックエンターテイメント」では7年も利益が出なかったりと不遇の時代が続きます。

事件をおこし書類送検

ちょうど、このころ吉川晃司さんは知人に怪我を負わせて書類送検されます。

後に分かったのはそのきっかけは知人が酔った勢いで尾崎豊さんの形見のギターを蹴った事によるとわかったそうです。

 

吉川晃司さんの若い時代は、写真だけ見ると超イケメンでかっこいい!の一言ですが、生きてきた様を知ると、ただものではない現在の吉川晃司さんを作り出している経験が凝縮されていると思いました。

<肩パットの入ったピンクのスーツが昭和!>

現在はドラマにも出演

吉川晃司さんは2002年に「真夜中は別の顔」でドラマに出演しました。そして

2009年のNHK大河ドラマ『天地人』に織田信長役を演じ話題になりました。

吉川晃司の白髪の記事はこちら↓

吉川晃司の白髪がかっこいい!シルバーアッシュワックスで艶を出す?

吉川晃司さんの存在感は織田信長がまるで乗り移ったかのようなオーラがありました。

そして「下町ロケット」の財前道夫役が大ブレーク!

吉川晃司さんの若い頃を知らない世代はなんて渋い叔父様が出てきたんだろう!と思っていると思いますが、お若い頃は今とは違ったイケメンで今と違う良さが有りましたよ。

Sponsored Link

 

タイトルとURLをコピーしました