しゃべくり007 寺田恵子 若い頃~現在までを時系列で画像比較!

未分類

ロックバンドSHOW-YAのボーカルでシンガーソングライターの寺田恵子さん。

「姐さん」と呼ばれて若い人たちから慕われて、またトークも面白いので注目を浴びています。

寺田恵子さんは今も素敵ですが、お若い頃はどんな様子だったのか時系列を追いながら画像とともに振り返ってみました。

Sponsored Link

寺田恵子が「メデューサ」から「SHOW-YA」へ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

たか(@taka_koke)がシェアした投稿

寺田恵子さんのお若い頃の画像です↑

現在の寺田恵子さんもとてもお綺麗ですが、お若い頃の寺田恵子さんはなんと美しくてかっこいい!!!

今の若いアイドル達の中に混ざってもきっと抜きんでてかっこいいのではないでしょうか。

女性から見てもほれぼれするような女っぷりです。

 

寺田恵子さんは、1963年7月27日生まれです。

幼いころから歌を歌う仕事にあこがれていたそうですが、それが一気に現実味を帯びてきたのは高校一年生の時に男子のバンドグループに誘われて活動を恥塩田ことがきっけとなりました。

その後、女子大生バンド『メデューサ』に誘われたのですが、「女バンドが嫌い」と3回も断っていました。が、『メデューサ』の一人のメンバーがバイト先の友人であったことからやっと加入を決めたのです。この『メデューサ』こそがのちのSHOW-YAの前身だったのです。

SHOW-YAという名前にした理由がまた面白く、『メデューサ』時代に コンテストに落ち続けたのは名前が悪いからだと改名することになりました。その時、飲んでいたのが居酒屋の「庄屋」で、その名前をとったそうです。

ロックとは全く関係が無かったのですね~!

こうしてSHOW-YAスタート。  若い頃の寺田恵子さんの活動の拠点が出来上がったのです。

改名が良かったのか(笑)、1982年にヤマハ主催のバンドコンテストレディース部門で最優秀グランプリに輝きました。

「SHOW-YA」デビュー当時はミニスカートのアイドル路線!

SHOW-YA」がデビューした当時は女性のバンドグループはまだ珍しく、ミニスカートを履かされ?アイドルバンド路線を強いられました。若い頃の寺田恵子さんにアイドルバンド路線があったなんて!どんな感じだったのでしょうね?

同世代のアイドル、といえば松田聖子さんとか中森明菜さんとかでしょうか。

でも寺田恵子さんの分か頃はその路線とはずいぶん違うのではないかと思うのですが、顔がお綺麗だからアイドル路線で行ってもファンはたくさんついたでしょう、と思います。

が寺田恵子さんたちは「自分たちの音楽を追求したい」という思いが強く1980年代後半には望んでいたハードロック路線に戻ったのです。

若い頃の寺田恵子さんは、やはり、一本筋が通っていましたね!

 

 1988年

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@rockersagogo)がシェアした投稿

今も素敵な寺田恵子さんですが、若い頃はやはり若さの美しさやカッコよさがありますね!

1989年「Outerlimits」で60万枚の売り上げ!

しかしSHOW-YA」の売り上げは伸び悩み、それまで作詞も担当していた寺田恵子さんは責任を感じ作詞をOuterlimits制作の時に音楽家の安藤芳彦さんに作詞を依頼しました。またプリンセス・プリンセスのプロデュースで成功したアレンジャーの笹路正徳さんもプロデューサーとして参加。

その結果、60万枚の売り上げとなりました。

若い頃の寺田恵子さんはいまよりもっと自由奔放、というイメージがあります。でもSHOW-YA」が売れるためにとことん悩んで、作詞を依頼したり、プロデュサーに辣腕のアレンジャーを招いたり、と実はかなり考え抜いて動いていた若い頃があったのだということがわかります。

 

1990年 「SHOW-YA」の絶頂期

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takanori Sato(@takanori3912)がシェアした投稿

この頃は世の中はいわゆるバブルの頃ですね。

寺田恵子さんの若いころはバブルで華やかな時代だっと思います。そしてその時代にふさわしい葉やなかなロックを発信して生野が、まさに若い頃の寺田恵子さんなのです。

写真を見ただけで、パワフルな歌声が想像できるというものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BooksChannel(@books_channel)がシェアした投稿

こうしてSHOW-YA」は女性が憧れるハードロックバンドに上り詰めていきました。

それを裏打ちするのはメンバーの実力に他ならず、可愛さは全く必要のない次元の実力があったのです。ギターやドラムのテクニックはパワフルで、その辺の男子を蹴散らすといわれていました。そうして「限界LOVERS」に続き「私は嵐」もヒットさせたのです。

若い頃の寺田恵子さんは確かな実力のあるロッカーだっただと思います。

 

SHOW-YAを脱退した寺田恵子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lefty Blues 恭弘(@lefty_yasuhiro)がシェアした投稿

しかし、『限界LOVERS』ヒットから約2年後、1991年2月に寺田恵子さんは『SHOW-YA』を突然脱退しました。若い頃の寺田恵子さんは相当、自由奔放な面があったようです。

このころ、人気絶頂であったのですが、ロサンゼルスから電話1本で脱退を告げたのです‥‥これは残るメンバーたちの戸惑いが想像できるというものです。

でも、寺田恵子さんは精神的なストレスと身体的疲れで「もう嫌になって逃げちゃったんだ」そうです。

そして寺田恵子さんはメンバーに一方的に脱退を告げたあと、1年半の間、充電気期間に当てました。

残る「SHOW-YA」のメンバーは寺田恵子さんの代わりのボーカルを迎え入れて活動をしていましたが、1998年に惜しまれながらも解散をしました。

 

1992年 「パラダイス・ウインド」のCDシングル

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lefty Blues 恭弘(@lefty_yasuhiro)がシェアした投稿

SHOW-YA」を脱退した後、充電期間を経てCDシングルを出した寺田恵子さん。今も美人ですが、若い頃の寺田恵子さんは本当にお綺麗ですね~!

「Dream Again」(1993年) 2枚目のシングル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lefty Blues 恭弘(@lefty_yasuhiro)がシェアした投稿

 

2005年 SHOW-YA復活

寺田恵子さんは電話一本でSHOW-YAのメンバーに脱退を告げ、勝手に飛び出していったのですが、もう一度SHOW-YAの活動をしたいと思うようになりました。

寺田恵子さんはメンバーの一人ひとりに頭を下げて口説き、2005年10月にSHOW-YAは再結成することとなりました。寺田恵子さんがメンバーを説得するのに5年の歳月がかかったとのことです。

「バカだからさ、自分でやってみて痛い目を見ないとわからないのよ」

と寺田恵子さんは当時を振り返りました。

 

このSHOW-YAのように、決裂したバンドが全く同じメンバーで再結成するというのはかつてなかったそうです。

メンバーを5年かけて説得した寺田恵子さんもすごいけれど、私は、バンドの絶頂期に勝ってに出て行った寺田恵子さんを許しまた受け入れたメンバーも偉い、と思います。

 

2017年の寺田恵子

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

西本 智也(@dattra468)がシェアした投稿

いつまでも若々しくて、カッコいい寺田恵子さんですね~。

2021年寺田恵子

 


寺田恵子さんはよく「熟女なめんな」とおっしゃいますが、本当に寺田恵子さんをなめてはいけません!

アラカンでこんなにかっこいい女性がいらっしゃるんですね~!

 

番外編 すっぴんの寺田恵子がかわいい!

ところで、寺田恵子さんは2021円現在58歳ですが、すっぴんがとてもかわいい、といううわさがあります。そろそろ還暦、というのにそんなことがあるのだろうか、と思って調べてみたら、本当に寺田恵子さんのすっぴんはかわいい!です。

こんなにすっぴんが綺麗でかわいいアラカンがいるでしょうか~!

2017年のすっぴんの54歳の寺田恵子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mika 0526(@osanishi_mika)がシェアした投稿

 

2021年すっぴんの58歳の寺田恵子

すっぴんでお肌がこんなにお綺麗なのはなにかエステに通っていらっしゃるのでしょうか?美肌に秘訣を教えて欲しいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました