沢口靖子 デビュー作「太陽にほえろ!」と現在の画像比較!変わったのはどこ?

未分類

沢口靖子さんは1965年生まれ2021年現在56歳ですが、お若い頃とほとんど変わっていないのではないかと思えるお綺麗な女優さんです。

デビューは1984年で、その年に早くもTVドラマデビューを果たしていらっしゃいます。

Sponsored Link

沢口靖子のTVドラマデビュー「太陽にほえろ!」

「太陽にほえろ!」は1972年から14年間続いた人気のTVドラマです。このドラマの第623話目で沢口靖子さんが女優デビューしました。

1984年11月9日放送のこの回は「第623話 マイコン刑事登場!」のタイトルで「マイコン」とあだ名をつけられた刑事が初めて登場する日でした。

マイコン刑事を演じたのは石原裕次郎さんの甥の石原良純さん。当時22歳の若々しい石原良純さんがとても素敵です。

そして石原良純さんが演じる「マイコン刑事」のガールフレンド美津子役が沢口靖子さんだったのです。

 

「太陽にほえろ!」の「マイコン刑事登場」の回の画像は?

 

<引用元 https://kyun2-girls.com/>

<引用元 https://blog.goo.ne.jp/>

沢口靖子さん、今とほとんど変わらないのでは!?

 

石原良純さんはさすがにお若い!細かったし、眉毛も今より濃い!?

Sponsored Link

2021年現在の沢口靖子

ちなみに現在と比べるために現在のお二人の画像を貼っておきましょう。

2021年現在の沢口靖子さん↓

沢口靖子さんはデビュー当時の写真と今現在の写真を比べて、ほとんど違いが無いように見えます。まあしいて言えばデビュー当時は頬がふっくらとしていて今の方が頬が少し細くなった、くらいの差でしょうか。

あと髪型が違うくらい?その若さを保つ秘訣はなんでしょうか?教えてもらいたい💦

2021年の石原良純さん↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ishihara Yoshizumi(@yoyoshizumi)がシェアした投稿

石原良純さんはさすがに男性ですから年月を経てきた渋さが加わっているようですね。渋くて素敵!

Sponsored Link

沢口靖子デビュー作「太陽にほえろ!」はレギュラー出演の予定だった

沢口靖子さんのドラマのデビュー作は「太陽にほえろ!」ですが、実はこの作品で沢口靖子さんはレギュラーとなる予定だったそうです。

沢口靖子さんは七曲署交通課の婦警さんで、マイコン刑事(石原良純さん)が七曲署に配属の日に玄関でぶつかりそうになって知り合います(少女漫画的出会い!)。

ドラマの製作側の目論見としてはかつての<ジーパン刑事とシンコ>や<ロッキー刑事と後のマミー刑事>と同じように恋愛がらみの筋書きがあったそうなのです。

コンピューターオタクのマイコン刑事(石原良純さん)がパソコンショップでショーウインドウの新製品をガン見しているところと、偶然通りかかった沢口靖子さん演じる婦警さんに見つかります。

「まるで恋人を見るみたいに眺めていたわ」

と沢口靖子さんが初回は声を掛け、その後の回でじっくり愛を育む予定だったらしいです。

が、沢口靖子さんが「太陽にほえろ!」に出演したのはこれ一回で終わってしました。

それはスポンサーが絡む大人の事情があったのです。

沢口靖子さんはこの後化粧品のカネボウのCMキャラクターになりました。一方「太陽にほえろ!」」はカネボウのライバル資生堂がスポンサーだったのです。

こうした事情で沢口靖子さんの「太陽にほえろ!」へのレギュラー出演は立ち消えになったそうです。

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました