大橋和也 頭がいいエピソード!薬剤師志望で高校時代の偏差値が高すぎっ

なにわ男子

なにわ男子の大橋和也さんはとても頭が良いと言われています。

トークも面白く頭の回転が良い、というのは常日頃から伝わってきますが、大橋和也さんが頭がいい、と言われるエピソードを調べてみました。

 

Sponsored Link

大橋和也は進学校の理系クラスだった

 

大橋和也さんは大阪の浪花高校の理系クラスの出身です。

浪花高校は難関国公立や私立大学に多く進学する高校で、文系、理系に別れています。

浪花高校のコースは文理S1(偏差値66)一類(偏差値61)二類(偏差値57)、三類(偏差値50)に別れて、2年時で類・文理選択ができます。

大橋和也さんの詳しいコースは判明していませんが、理系のクラス(S1 or 一類 or 二類)であったことは間違いないです。

 

大橋和也さんは進学校の理系クラスですから、頭がいい、とわかりますね。

また高校1年生の時にクラスでトップの成績を取ったというエピソードもあり、成績が良かったことがうかがえます。

 

Sponsored Link

 

【比較画像】大橋和也の腹筋が激変!バキバキもプヨプヨも人気有り

 

将来の希望は薬剤師だった大橋和也

 

大橋和也さんは、薬科大学に合格したらジャニーズJr.を辞める予定だった!

 

進学校の理系クラスで勉強に励んでいた大橋和也さん。高校の時にはすでに芸能活動をしていたのですが、将来は薬剤師になりたいという思いがあったそうです。

 

そしてその希望通り、実は大橋和也さんは高校3年生の時に薬科大学を受験していました

芸能界という華やかな世界に身を置くと、若いうちはなかなかそこから出ようとは思わないのでは?と思いましたが、大橋和也さんは将来のことをいろいろと考えていたようです。

大橋和也さんは大学受験で薬科大学に合格したらジャニーズJrを辞めようと決意していました。 ジャニーズJrは続けていても将来のことはわからないので、希望の薬科大学に合格したら、そちらに進路変更をしようと心を決めていたそうなのです。

 

しっかりご自身の将来を考えていることからも、大橋和也さんが頭が良いことがわかりますね。

しかし、残念なことに、というか幸いに、というか、大橋和也さんは薬科大学に合格できませんでした。

そして(やむなく?)ジャニーズJr.を続けていたら、なにわ男子デビュー、となったのです。本当に人生何が幸いするかわからないものです。

 

Sponsored Link

 

【画像比較】大橋和也と高畑充希が似てる部分を徹底分析!意外な事実が判明

 

祖母の影響で薬剤師を目指した

大橋和也さんが薬剤師を目指すようになったきっかけは大橋和也さんのおばあちゃんでした。


大橋和也さんのおばあちゃんが病気になったとき、治してあげたい、笑顔になってもらいたいと思って薬剤師さんを目指すようになったそうです。

手術をするのはお年寄りや小さな子供には負担がかかるので、薬で治せるものなら、そちらの方が本人がつらくないでしょう、という思いが大橋和也さんにはおありでした。

大橋和也さんは頭が良いだけでなくとても優しいお人柄だと言うこともわかります。

 

大橋和也のスイーツ愛が凄い件!プリンや生キャラメル、タルトなど!

 

Sponsored Link

 

能ある鷹は爪を隠す?の大橋和也

 


ツイッターでも「頭のいい大橋和也」さんという書き込みがたくさんあるのですが、その言葉の前に「実は」と前置きされることがよくあります。

といいますのは、大橋和也さんはお人柄は底抜けに明るく案外「天然」なことも多いので、大変失礼ながら「すごく頭がいい」ように見えないのです(笑)。また人懐っこい笑顔が気取っていないので、まさに「能ある鷹は爪を隠す」状態で、キレキレに頭が良いように見えないのです。

ところが、テレビで出演者のコメントや反応がものを言うような場面では、大橋和也さんは気の利いたことを、意識していないのにポロリといったり、やったり、と言う反応をみると「実は頭いいんだね大橋和也くん!」ということになるのです。

そのギャップもまた大橋和也さんの魅力であるように思います。

 

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました