ウエンツ瑛士の英語力は上手いか下手か?留学前と留学後を比較してみた!

未分類

ウエンツ瑛士さんはドイツ系アメリカ人の父と日本人の母を持ちながら、英語が全く話せない状態だったそうです。ハーフの素敵なお顔なので、そんなことは全く想像もしませんでしたが、ウエストエンドの舞台に立つことを夢見て2018年10月から1年半の留学をして英語力を磨いたのです。

ハーフとはいえ、日本人よりも外国人に近いお顔のウエンツさんが英語を話せないというのが当時皆驚きましたが、またそれと同じくらい芸能界の活動を1年半も休んで留学する、という決断もまた驚きを持って話題になりました。

ではウエンツさんは留学でどれほどの英語力を身に付けたのでしょうか。

ウエンツ瑛士さんの英語力について。

Sponsored Link

留学前のウエンツの英語力

留学する前のウエンツさんの英語力は「中学生並み」だったそうです。ウエンツさんのお顔が外国人ですから、にわかに信じられません💦

でもそれを証言?する人がいらっしゃいます。

2017年の映画「禅と骨」にウエンツさんは出演しました。その役は「日系アメリカ人」です。思わずピッタリ!の役と思ったのですが、共演者のチャド・マーレンさん(オーストラリア出身)がウエンツさんの英語力を知って苦笑されました。

『こんなにウエンツさんが、英語ができへんとは』

謙遜ではなく、本当に話せなかったようです。

留学前のウエンツさんが実際に英語を話している動画があります。

でも、冷静に考えて・・・・中学校で3年間も英語を習って、それで英語力が身につかない、というのは何かおかしい!と思うのは私だけでしょうか?ウエンツさんの英語力をとやかく言う前に、日本人はみんな中学3年間英語を普通に勉強したらそんなものなのです💦勿論、私も!

高校英語に関してはもはや大学入試のためのものですものね。あの勉強でスムーズな英会話まで到達しません。

ウエンツさんの悲劇?はお顔がまるで「アメリカ人」だったのに英語が話せなかったこと。日本人の顔をした人がこの程度の英語しか話せなくても普通ですよね。ある意味ちょっとかわいそう。

ウエンツさんはもしかしたら、道を歩いていて外国人に道を聞かれたことがあったかもしれませんね。「あ、この人英語話せる」と思われて。

 

ハーフのウエンツが英語を話せなかったのはなぜ?

 

ウエンツの父はドイツ系アメリカ人、母は日本人

ウエンツさんはお父さんがドイツ系アメリカ人、お母さんが日本人です。ウエンツさんはハーフなのになぜそこまで英語が話せないのかちょっと不思議に思いました。

 

家庭では英語で会話をしなかった

でもその理由は明白で、ウエンツさんの家庭では日本語を使っていて英語では話さなかったそうです。そして、ご両親はお二人とも働いていたので、ウエンツさんとお兄さんは母方の祖父母の家に預けられたそうです。必然的におじいちゃんとおばあちゃんの家では日本語で会話をされていたでしょう。ウエンツさんがバイリンガルになるチャンスが無かったのです。

Sponsored Link

そして両親の離婚

ドイツ系アメリカ人のウエンツさんの父顔は留学のために来日をしたようです。

単身留学を経験したウエンツさんは留学時代を振り返って、僕も寂しい思いをしたからお父さんもまた留学して寂しかったのではないかな、とおっしゃっています。

そしてウエンツさんが小さなころにご両親は離婚をされました。そうなると、益々英語の文化に触れる機会は無くなりますものね。

<引用元 https://kanata12.com/>

留学中のウエンツの英語力を上げる勉強方法

 

ウエンツの語学学校での勉強

さて、ロンドンで一番厳しいと言われる語学留学をしたウンエンツさんですが、まともに英語を話せない状態で留学したのでその後がとても大変だったそうです。語学学校では能力別で5段階にクラス分けされ、ウエンツさんは5番目のクラス、つまり一番下のクラスでした。

ウエンツさんは留学中は月~金曜日までびっしり授業を受けていました。宿題も山ほどでて週一回テストもありました。そして5時以降は自分で好きなレッスンを取るというスタイルだったそうです。よって、英会話だけでなく、ダンスのレッスンを受けたり、ボイストレーナーについたりしていました。また、たまに時間が空くと劇場に行っ芝居をみたりしていました。

 

頑張りすぎてうつ状態に陥ったウエンツ

ところがこの頑張りが本当に大変で、ウエンツさんは当時を振り返って次のようにおっしゃっています。

「とにかくしゃべれない。言いたいことが言えない。とにかく聞けない。言ってることが分からない。そんななかでボイストレーニングを受けてても、できない。注意されてもそれも理解ができない。理解できても実践ができないそして「ちょっとうつっぽくなっちゃったんですね」

そんな時友人の長嶋一茂さんから電話があり、ウエンツさんの声をちょっと聴いただけで、長嶋さんはウエンツさんの異変に気が付いたそうです。そして長嶋一茂さんはサプリメントや食事のアドバイスの他、ウエンツさんがご自身に課した「日本語禁止」をやめるように言いました。

その長嶋一茂さんのアドバイスでウエンツさんは、「休む」ことを決断。太陽が照っているスペインに出かけただ遊ぶ、事だけをしてうつ状態から抜け出せたました。

Sponsored Link

イギリスのウエンツを訪ねた友人たち

ウエンツさんは人気者なのですね。友人が多くイギリス留学中も友人が訪ねてくれるようなことがあったそうです。大竹しのぶさんんはその時の様子をご自身のインスタにアップしています。

英語を話せるようになる一番の近道は・・・?ウエンツの持論

ウエンツさんがおっしゃるに「外国に行けばはなせるようになる、というのは無い」、そうです。ウエンツさんは語学学校に入学して一生懸命勉強した他、友達と出かけて普通に会話をしていてもわかないことは全部メモをして家に帰ったら勉強をする、と言うことをしました。これの「勉強する」というパートが無ければ、話せるようにはならない、とおっしゃっています。

そして英会話の上達方法で「(習っている言語を話す人と)恋愛をするのが一番上達が速い」そうですよ。もっと広い意味で言うと男性女性関係なく、先生でも友達でも「この人と話したい」という欲は人間は止まらないので、モチベーションが上がります。できれば1対1で食事に行ったり遊びに行くと話さざるを得ないので、それは上達する!ということです。

英語が聞き取れるようになった、話せるようになった瞬間!

ウエンツさんは留学した最初の数か月は相手が何をいっているのかわからない、何を習ているのかわからない、という状態でした。ある時、日本禁止のルールを捨てて日本人と話してすごくリラックスできた時があり、それを起点に急に英語がはなせるようになったそうです。周りの留学生にもそのような経験をした友人は沢山いたそうです。

 

留学中に全編英語のセリフで舞台にたったウエンツ

必死な努力の結果、ウエンツさんは留学中に2人芝居の舞台に立つことができました。相手役の竹内將人さんがツイッターでその報告をしています。

この劇場はパブの2階にある50席ほどの小劇場で、この芝居をするにあたってウエンツさんは企画、照明、音響などもご自身でされたそうです。そういった交渉事もできるようになったのですからウエンツさんの英語力は相当なレベルに達した、という証明ですね!

お芝居のタイトルは「Misao &Eitaro」。この舞台はハーフであるウエンツさんの自生を元に、二人の若者が夢をもって互いにぶつかり合いながら成長していく、という内容だそうです。1時間半にわたる舞台を全編英語、というのは素晴らしい!ですね。

 

留学から帰国後のウエンツ

留学前は中学生並みの英語のレベル、というウエンツさんが留学してからは大変な苦労と努力をしながら英語力のアップに努めてきました。

イギリスへの1年半の留学の結果、全編英語の舞台に立てるようになったウエンツさんですが、帰国後はロンドンの友人に電話をしたり、BBC放送を見たりして英語力が低下しないように気を配っています。ウエンツさんの流暢な英語の舞台を日本でも是非見せてください!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました