Ryugaって誰?歌手になるまでの経歴で実家の金持ちがバレた!

未分類

浜辺美波さんの熱愛?が初めて報道されました。そのお相手は「まるりとりゅうが」のRyugaさんです。浜辺美波さんご本人は否定、また事務所も交際の事実を否定していますが、マンションを行き来していることは認めました。

普通の感覚ですと・・・・相当親しくないと、お互いのマンションを行き来することはしません・・・よね?

ところで、噂のお相手Ryugaさんって一体誰!?

浜辺美波さん熱愛を報道され「まるりとりゅうが」のRyugaさんについて。

Sponsored Link

「まるりとりゅうが」のRyuga

 

Ryugaさんは一言で言うと、SNS発の歌手です。彼の経歴を詳しく調べてみました。

Ryugaの生年月日、本名、出身

「まるりとりゅうが」のRyugaさんは1997年8月8日生まれ、北海道の出身です。

本名は堀隆雅さんです。

Ryugaの出身高校は慶應義塾ニューヨーク学院

中学は、埼玉県の西武学園文理中学校に進学しました。が、Ryugaさんは中学3年の途中から慶應義塾ニューヨーク学院に進学します。中学3年生の途中から、というのはなんとも半端な気がするのですが、そうではなくて、その先の高校「慶應義塾ニューヨーク学院」は4年生のためその時期の進学となったのです。

Ryugaの母校 慶應義塾ニューヨーク学院の特徴

慶應義塾ニューヨーク学院の入試はAO入試です。AO入試は学力だけで入学の可否が判定されるのではなく、総合的に判断されます。

また慶應義塾ニューヨーク学院の特徴は、学費の他寮費や施設設備もお高く、寮に入る場合は4年間でざっと2000万円かかるそうです。

この金額を子供の教育とは言えポンと出せる親御さんの経済力はスゴイですね!

しかし、現地に親が住んでいるのではなく、寮生活を送る場合は、寮費・施設設備費含む学費だけで年間約500万円かかり、4年間で2000万円かかるそうです。Ryugaさんのご実家は相当裕福だと思われます。所謂普通のサラリーマンのご家庭ではないかもしれません。

Sponsored Link

 

Ryugaは高校時代にSNSで楽曲を発表

そして、Ryugaさんは高校時代ニューヨーク留学中、SNSで自作の楽曲を投稿し、それがきっかけにで国内外より多大な反響を得ることになりました。

 

大学は慶応大学商学部に進学したRyuga

そしてRyugaさんは高校を卒業して帰国、大学はエスカレーター式で慶応大学商学部に進学をし、学業に励む一方シンガーソングライターとして音楽も行っていました。

大学在学中2018年、20歳の時に「まるりとりゅうが」を結成しその年の11月のメジャーデビューをしました。

2018年11月のユーチューブ動画を配信『気まぐれな時雨』は配信チャートで1位を記録!しました。


この曲を↑聞いてみるとRyugaさんがハモリでMaRuRiさんが主旋律を歌っていて、とても歌唱力が高いことがわかります。

そして2021年3月に慶応大学を卒業した後は、一般企業には就職せず、音楽一本に専念することになります。

「まるりとりゅうが』は、アニメ『恋と呼ぶには気持ち悪い』(少女漫画原作)の主題歌やABEMA TVやTikTokのドラマの主題歌も担当しています。これらは10代に大人気の楽曲です。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました