滝沢カレンが料理上手は本当?腕前やレシピ、レパートリーの評判は?

未分類

タレントとして大活躍の滝沢カレンさん。以前料理本「カレンの台所」を出版して話題になりました。料理の他にもボイパをしたり、かなり多才な面を披露され、人気も益々上昇中です。

こんなにお忙しいのにご自身でお料理をするのは大変ではないかと思うのですが、滝沢カレンさんは頻繁に料理をしてインスタにその写真をアップしています。その写真を見るとなんと美味しそうなこと!

またTV番組「NO!と言わないカレン食堂」は人気の番組となったようでゴールデンタイムでの放送です!こ番組を見ると滝沢カレンさんの料理の腕前がわかるようですよ。

滝沢カレンさんの料理上手について。

Sponsored Link

 

 

「NO!と言わないカレン食堂」の滝沢カレンの料理の腕前は?

そして「NO!と言わないカレン食堂」という滝沢カレンさんがその場で料理をするTV番組が企画されました。

この番組は、毎回ゲストで出演するお客様が食べたい食材をリクエストし、いろいろな要望を伝えます。その難しいオーダーに滝沢カレンさんはレシピを考案し、お客さまの目の前で料理を作ります。勿論、滝沢カレンさんの包丁さばきの見られますし、またレパートリーの多さも実感することができます。

この番組を見て、多くの人が滝沢カレンさんが料理が上手であることに驚きました。

そして、ゲストが結構難しいお題を出すのに、それに見事にこたえる滝沢カレンさんのレパートリーの多さ、創作料理の柔軟さに感動しました。

Sponsored Link

滝沢カレンの料理本「カレンの台所」の評判は?

 

「カレンの台所」の料理本が美味しくて楽しい!

2020年4月タレントの滝沢カレンさんが料理本「カレンの台所」を出版されました。

それまで、滝沢カレンさんはインスタにご自身が料理を作られると写真をアップしていました。それを見て、出版のお声がかかったそうです。いかにお料理の写真が美味しそうに見えたかわかりますね。

実際に出版された本を私も読んでみました。

レシピの記載が独特で、例えば「材料 醤油・・・大さじ2」というように分量記載があるのが普通かと思うのですが、「カレンの台所」では違います。

例えば

お醤油を全員に気づかれるくらいの量

という具合に楽しい文がが綴られていて、料理をしなくても文章を読んでいるだけで楽しめる本でした。

また例えば鳥のから揚げを揚げていて油から出すタイミングの説明を

「きゃぴきゃぴ何も言わなくなったら出してくれの合図」

という具合に作り方を書いています。確かに、鳥のから揚げを作っていて油から引き上げるタイミングは、鍋の中の泡が小さくなって音が静かになったときが「揚げ終わり」の印なのです。それをなんて素敵な抒情詩のように表現されているのでしょうか。

<引用元 https://sirabee.com/>

「カレンの台所」で本当に料理が上手にできるのかという心配・・・

確かに、「カレンの台所」に掲載されている料理はおいしそうです!すごく珍しい材料を使っているわけでもないので、家庭ではとても作りやすい料理本だと思います。

ただ、多分、料理を普段しない人には難解な本になってしまうと思います。具体的には、家庭で常日頃料理をしている人、一人暮らしで料理を作り慣れている人、にとっては「楽しい料理本」だと思います。

そして実際、滝沢カレンさんのインスタには毎日多くの「カレンの台所」のレシピで料理をして美味しく作れました!のメッセージが送られてくるそうです。

が、例えば我が家の娘や息子のように普段全く料理をしない人にとっては「わけわからない料理本」になってしまうでしょう。そういう人は、基本的な料理本を見てまず料理に慣れてから「カレンの台所」にしましょう。

話はそれますが・・・玄米茶の元、という煎った玄米だけをパッケージにしたものが売っていて、それは緑茶と合わせてお茶を入れると「玄米茶」になる仕組みです。我が家の子供(18歳女子)が玄米茶を入れようとしたのですが・・・。玄米茶の元だけを急須に入れずお湯を注ぎ「色が薄い」と思って(当然緑茶が入ってないのですから)、やかんに移して煮出したけど、まだ色も味も薄かった。(当然💦緑茶が入っていないのですから、せんべいを茹でたようなもの💦)という事件がありました。
私が帰宅してブヨブヨになった玄米がたくさんやかんの中で無残に姿になっているのを見て、その「玄米茶事件」に気が付いたのですが。。。。我が家の子どものようなレベルの人が「カレンの台所」を見て料理を完成させようとするのは相当厳しいものがあるのでは、と思います・・・・。そういう人は、「カレンの台所」は読んで楽しみましょう!

 

滝沢カレンの料理上手に対するツイッターの感想

滝沢カレンさんのインスタにアップされた料理の写真や、料理本そして「NO!と言わないカレン食堂」を見た人から滝沢カレンさんの料理がおいしそう!という感想が多数寄せられています。

 

 

カレンが料理が上手になった3つの理由

滝沢カレンさんは売れっ子のタレントさんですので、その忙しさは相当なもの、と推測できます。それでも、日ごろから料理をして作るとよくインスタにアップしてくださいます。

この日の筍料理なんかはもう、熟練のおばあちゃんが煮てくれた筍料理ではないですか!料亭でたべるような気取った筍よりも、このように家庭で作る筍のおいしいこと!カレンさんのインスタの写真を見れば美味しさが伝わってきますね。

28歳という若さでこれだけ滝沢カレンさんが料理上手になった3つの理由があります。

小さい頃はおばあちゃんの料理を食べていた

滝沢カレンさんが小さなころは、カレンさんのお母さんも、カレンさんも皆、カレンさんのおばあさんが作ったお料理を食べていたそうです。そのころは、何となく自分は一生おばあちゃんのお料理を食べるんだろうな~と思っていたそうです。でも、おばあちゃんはおばあちゃんですから作り手がバトンタチする時期がやってきます。

滝沢カレンさんが今も和食が多いのは小さなころおばあちゃんのお料理を食べていた影響かもしれませんね。でも、かと言っておばあちゃんのお料理の味とは全く違うそうですよ。

ちなみに人間の味覚と言うものは3歳までにほぼ決まり、8歳までに確定する、という説があります。味蕾という味を感じる能力は12歳がピークともいわれています。

つまり、小さな頃にどんなお料理を食べたか、と言うことはその後の料理をするに際し大きな影響を与えるのです。

Sponsored Link

お母さんのお料理が・・・

おばあちゃんのお料理の後はカレンさんのお母さんがお料理を作ったのでしょうか。でも、滝沢カレンさんのお母さんが作る料理はカレンさんの好みに合わなかったそうです。そこで滝沢カレンさんはご自身の好みの料理を作るようになったのです。

カレンさんのお母さんは既に虹の橋を渡られましたが、お若い頃ロシアに留学をしてバレエを学んだ、という素敵な女性でした。もしかしたら・・・カレンさんのお母さんはロシアに留学していた影響で、ロシア料理とか得意だったのではないでしょうか?(あくまで私の勝手な推測)

カレンさんのインスタを見ると、和食の料理の方が多く、カレンさんが和食の方が好きみたいですね。カレンさんはお母さんがあまり作らない和食をご自身で作るようになったように思います。

お母さんを手伝ってあげたい

また滝沢カレンさんのお母さんはロシア語の通訳とバレエスタジオの経営もされていたので相当お忙しくお料理を作るのもままならない、というようなこともあったようです。その忙しいお母さんを手伝ってあげたい、というお気持ちからご自宅で料理をするようになったこともあります。

カレンさんのお母さんは生前、TVにカレンさんと一緒に出演し、ご自がバレリーナだった時のお話やカレンさんの子育ての話をしたことがありました。とても仲が良いお二人だわ、と思いながら観た記憶があります。カレンさんがお料理上手になったのは、忙しいお母さんを手伝ってあげたい優しい気持ちがあったのですね。

モデル体型維持のため

そしてカレンさんはモデルをされているので、体型管理するためには外食よりもご自宅で料理をするほうがよかったのです。確かに外食で食事をするより、自炊で、身体に良い物やカロリーを考えながら料理をした方が、体重も管理しやすいですね。

こうした理由からカレンさんは料理に親しみ、どんどんと腕を上げて料理上手になっていったのです。

まとめ

滝沢カレンさんはお若くてお綺麗なモデル兼タレントさんで外見は華やかでいらっしゃいますが、とてもお料理上手なことで有名です。

インスタにアップされたお料理の写真もおいしそうですし、TV番組「NO!と言わないカレン食堂」で作るお料理もとても美味しそうです!

これからも美味しいお料理を見せてください。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました