伊藤健太郎が英語がペラペラ話せてすごい!インタビュー動画で英語力を検証!

未分類

伊藤健太郎さんはNHK朝ドラ「スカーレット」に出演してから、その知名度が全国区になったように思います。

1991年に放送されて大ヒットとなった「東京ラブストーリ」が現代版となって復活。その永尾完治(カンチ)役を伊藤健太郎さんが演じます。

ドラマで大活躍の伊藤健太郎さんは英語を流暢に話せる、と話題になっています。

伊藤健太郎さんの英語力が高いのはどのような経歴からでしょうか。

Sponsored Link

伊藤健太郎さんの英語の実力

モデルとしてデビューしたのち、2014年の「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で木下啓太役を演じて話題になりました。

その後、ドラマを多数経験した後、

2019年に「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のアンバサダーに就任します。

そしてロサンゼルスに行った伊藤健太郎さんがスパイダーマンを演ずるトム・ホランドさんに、通訳なしで英語でインタビューし、その英語力が話題となりました。

その時流暢な英語を話されたので、伊藤健太郎さんは帰国子女では?という話もありましが、帰国子女ではなく、留学によって英語力を身に付けた、ということが明らかになりました。

伊藤健太郎さんが英語でトムホランドにインタビューしている動画

 

では伊藤健太郎さんの流ちょうな英語をお聞きください。

伊藤健太郎さんの留学歴

伊藤健太郎さんの出身校は聖徳学園高校普通科です。

その間15歳のときに米国ユタ州に留学をしホームステイで英語を勉強したそうです。

留学に行った時の英語力はあまりなくYESかNOしか言えなかったのですが、映画が好きで小さな頃から映画を字幕で見ていて耳には日常会話が馴染んでいたというので驚きです。

耳に英語は馴染んだ状態で留学に言ったので、おそらく英語の実力はメキメキと付いたのでしょうね。

伊藤健太郎さんの英語力は米国仕込みでした。

Sponsored Link

留学先を再訪

伊藤健太郎さんは、2019年「アナザースカイII」という番組で、15歳の時に留学していたアメリカユタ州を7年ぶりに再訪しました。

ホームステイしていたホストファミリーを訪れ、なかでも当時よく遊んでいたマイケルと奇跡的に会えた時は、とても感激していました。

大人になって訪れたこの時は、車の運転や乗馬をすることもでき本当に楽しそうでした。留学していたことは大人になっても大変貴重な経験としていきているのだな、と思います。

ハリウッド俳優への夢

伊藤健太郎さんのドラマデビューは「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」ですが、このオーディションを受けている最中に語学留学を考えていたそうです。でも、オーディションに勝ち続けていくうちに役者という仕事により一層の魅力を感じて、留学ではなく、ドラマに出演する方を選んだそうです。

伊藤健太郎さんは若い俳優さんの中で、上昇志向があることで有名ですが、目標ハリウッドで活躍する俳優になることだそうです。きっとその夢に向けてこれからも英語力に磨きをかけて行かれることと思います。とても楽しみな俳優さんです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました