小室圭氏の解雇の確率は?司法試験不合格で法律事務所は不採用?

未分類

小室圭氏のニューヨーク州の司法試験の結果が、残念ながら不合格だったとニュースが流れました。

日本の司法試験に比べるとアメリカの司法試験の合格率は非常に高く、小室圭氏と眞子さんを応援している身としては、正直言って小室圭氏が日本の司法試験ではなくアメリカの司法試験を目指していることに安堵したくらいです。

でもやはり言葉の壁は大きいようでTOEICが900点レベルでも難しいと言われています。

日本の司法試験は一年に一度しかありませんが、アメリカの司法試験は半年に一回あります。今回ダメでもまた半年後にありますから、落胆せず再チャレンジするしかありません。

小室さん眞子さん頑張って!

でも今回の不合格を受け、小室氏が解雇されないか、解雇されなかった場合の年収が気になりました・・・。

小室氏の解雇と年収について。

Sponsored Link

司法試験不合格の場合解雇の可能性は?

そこでちょっと心配になったのは、司法試験に合格できなかった小室圭氏は解雇されてしまうのではないか?と思ったのですが、その心配はないようです。

アメリカの法律事務所の多くでは、ロースクール一年生が司法試験に不合格だった場合は2回目の司法試験を受験させることが一般的な措置だそうです。

 

ここでちょっと安心したのはアメリカの司法試験は年に2回もあるのです!

日本の司法試験は年に一回ですから不合格の場合相当つらい一年を過ごすことになります。半年に一回、というのはまさに「落とすために試験ではなく合格させるために試験」ですね。

頑張れ小室氏!眞子さん!

Sponsored Link

 

司法試験不合格の小室圭氏の年収の見込みはどれくらい?

ニューヨーク州の司法試験に合格した場合は年収2000万円、と予想されていましたが今回は残念な結果になってしまったので予想では600万円と言われています。

現在は「法務助手」として働き、収入は年収で600万円程度と見られているが、弁護士資格を取得すれば1年目でも2000万円を超える年収になる。

引用:NEWSポストセブン

これは司法試験に合格した場合は弁護士『Lawyer』として働けるので高い年収が見込まれるのです。

が、不合格の場合は法務助手『law clerk』としての業務にかぎられるので年収が抑えられてしまいます。

Sponsored Link

アメリカの司法試験の合格率

アメリカでは司法試験は各州ごとに行われます。小室圭氏はニューヨーク州の司法試験を受験されました。

州によっては外国人に受験資格を与えないところもあるようですがニューヨーク州は外国人に門戸を開放しています。よって、毎年沢山の外国人留学生がニューヨーク州の司法試験を受験しています。が、ニューヨーク州の司法試験はアメリカ全土の中で最も難しいとそうです。

が、心配は不要です。ニューヨーク州の司法試験の合格率は全体で74%くらいと言われています。小室圭氏が卒業されたフォーダム大学ロースクールの卒業生に絞れば、89.1%

全体、と言いましたが、これはやはりアメリカ国内の人と外国人では合格率に差があるのです。言葉の壁がありますから、外国人にとっては不利と言えば不利かもしれません。TOEICが900点のレベルでも難しいという説もあります。アメリカの司法試験では、日本人留学生は最初時間内に問題文すら読み終わらないことが多いそうです。

でも、それを思うと小室圭氏はご結婚のご挨拶の時に「合格発表はまだですが、合格できます」と報告されていたことを考えると、問題文を最後まで終わらなかったということはなさそうですから、小室圭氏の英語力は相当なものだと推測できます。

ちなみに日本人のニューヨーク州の司法試験の合格率は50%くらいと言われています。国内の人に比べると随分と難しくなるのですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は残念な結果となってしまいましたが、渡米して少しは落ち着いた生活になることを期待して・・・2月の試験では是非とも合格されますことを心からお祈りしています。

頑張れ小室圭氏!眞子さん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました