森山直太朗の演技はうまい?朝ドラ「エール」の藤堂先生役がぴったり?

未分類

朝ドラ「エール」で主人公の祐一(窪田正孝さん)の小学校の担任の藤堂清晴先生役の森山直太朗さんの演技に注目が集まっています

祐一は藤堂先生との出会いによって、その才能が初めて認められ開花していきます。

引っ込み思案で不器用な祐一の才能を見抜いて、育てていく誠実な藤堂先生の人柄と、森山直太朗さんがオーバーラップして、大変な人気となっていますね。

元は歌手でいらっしゃいますので、演技力はどうなの?という疑問もありました。

果たして森山直太朗さんの演技はうまいのか、そうでないのか、巷の評判を見てみることにしました。

Sponsored Link

森山直太朗さんはミュージシャン

森山直太朗さんはシンガーソングライター、ミュージシャンでいらっしゃいます。

森山良子さんがお母さまで、奥様はピアニストの平井真美子さん、というまさに音楽一家なわけなのですが、今回ドラマの出演の話が上がったときは、どう思われたのでしょうか。

お話があったのが、森山直太朗さんがちょうど長いコンサートツアーが終わったときで、今後のご自身の道筋を考えていた時だったそうです。

ドラマのお話、特にNHK朝ドラの出演ということで最初とても驚いたそうですが、作曲家古関裕而さんの曲には日ごろから接して、何らかの影響や恩恵を受けているはずだと思い、快諾しました。

世代的に森山直太朗さんにあまりなじみのない方々は「藤堂先生」を見て、演じている方が本業はミュージシャン、演技は新人である、ということを知ったら驚くのではないでしょうか?

森山直太朗の演技はうまいか?巷の評判

ネットの評判を見ると、かなり高感度が高いことがわかりました。

私もまさに次のように思っています

・丸眼鏡がものすごく似合っている。

・穏やかで優しい。

・藤堂先生の役が森山直太朗さんの誠実さとぴったり!

・俳優さんかと思った

・運動会で転んでしまった祐一のために音楽で励まし、最後完走した祐一を抱きとめたときは涙がでた

・他の教師が祐一に体罰を加えようとしていた時に藤堂先生が止めてくれてほっとした

・こういう先生に出会いたかった!

・この先生に内の子の担任になってもらいたい

・優しくて頼りがいのある藤堂先生に森山直太朗さんがぴったり

・もっと出番を長くして!

Sponsored Link

藤堂先生はドラマの中でいろいろと意味の深い言葉をお話されているのですが私は次の言葉が一番ぐっと心にしみました

人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること、それが君の得意なもなんだ

これほどまでに端的に個人の特性を表す言葉があったでしょうか?

子供を育てる親、教師はこの言葉を基準にその子を見つめることができたら、その子の長所をいち早く見つけ伸ばすことができるような気がします。

このセリフはドラマの中で藤堂先生が言っていた言葉であるにも関わらず、ついつい、森山直太朗さんがおっしゃったように感じてなんと思慮深い人!と勘違いしてしまうのも、森山直太朗さんの演技力の賜物かと思います。

「エール」の前の2作品

森山直太朗さんは実は「エール」の前に2つのドラマに出演した経験がおありです。

1.  2014年7月ドラマ「HERO」

「HERO」はキムタクが検事と松たか子が検察事務官の人気ドラマでした。

そのドラマに犯人の大西祐二 役で出演されました。

2.  2020年1月ドラマ「心の傷を癒すということ」(NHK総合)

主人公(柄本佑さん)の兄・安智明 役で出演。

実は、この「心の傷を癒すということ」でも森山直太朗さんの演技は評判が高く、うまいと言われていました。

 

これからの森山直太朗さんの俳優としての活躍も目が離せません!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました