早見あかり ももクロの脱退理由はいじめではない?何色を担当した?

未分類

今は女優として活躍する早見あかりさんは以前はももクロのメンバーでした。

期間としては2008年11月から2011年4月です。

早見あかりさんは1995年3月17日生まれなので13歳から16歳までの多感な時期でしたね。

脱退当時、随分と惜しまれましたし、また脱退理由についてはあれやこれやと言われました。

早見さんはその後ドラマで活躍し、プライベートでは2018年にご結婚され充実した日々を過ごしていらっしゃるようです。

今日は、早見あかりさんのももクロ脱退の理由について書いてみます。

Sponsored Link

早見あかりさんももクロ脱退の理由について

早見あかりさんはももクロ脱退後「ダウンタウンなう」にゲスト出演したことが有りました。

この時MCの坂上忍さんにももクロ脱退の理由を明かしました。

・「自分自身アイドルには向いてない」

・「ファンが求めている言葉を言いたくないっていうひねくれ者。アイドルとして正解が頭の中にあるっていうのが分かりつつも、私以外の5人は計算ではなく言っているのが見えてたから、余計につらかった。

・「自分がうそついて『これおかしいな』って思いながら、メンバー5人とかファンの前に立つのが、これはナシなんじゃないかと思ってしまった。

いつも溌溂としているように見えた早見あかりさんが内面にこのような葛藤を抱えていたとは驚きました!

アイドルを目指す子にとっては憧れの存在であり目標でもあり、そしてファンにとってはかけがえのない存在でしたが、ももクロ時代は「自分はアイドルには向いていない」と思っていたのはかなりつらかったのかもしれませんね。

ではももクロ時代はどのように過ごされていたのでしょうか?

Sponsored Link

ももクロ時代は下積みの時期もあった

2020年現在ももクロは結成10周年を迎えました。

今では国立競技場でライブを行い満席にするほどの人気ですが、結成当時は路上ライブを行ったり、スーパー銭湯で歌ったり、と下積みの時期もあったそうです。

メジャーデビューをするまで約2年間その下積みの大変な時期がありました。

途中参加とは言えその下積み時代に早見あかりさんはいらしたのです。その時のことを早見あかりさんは

「最初の頃はお金がなかった。8人乗りのワゴン車で全国を回って、着いて、朝スーパー銭湯に行ってお風呂入って、人前で踊るみたいな。なのでそれが体力的にしんどかった。メークさん衣装さんもお金がないので自分たちで全部持っていってやって…」

とその過酷さを語っていらっしゃいました。

「ももクロのクールビューティ」と言われた早見さんにそのような時代があったとは知りませんでした。

それでもアイドルを目指して、アイドルに向いている人にとってはつらいこともなんとか乗り越えていくパワーが出るかもしれませんが、アイドルに向いていない、と自ら思いながらあのハードな歌や踊りをキープするのは大変なのことでしたね。

早見あかりさんももクロ時代の色は?

早見あかりさんはももクロ時代は「青」を担当していました。クールビューティな早見あかりさんにピッタリな色ですね。

ちなみにももクロは他のアイドルグループのようにセンターという考えは無いそうです。

ももクロ脱退後

ももクロ脱退後、早見あかりさんは念願だった女優デビューを果たし、TV、舞台、司会にと大活躍です。

そんな早見あかりさんを見ていると、ももクロ脱退当時は残念な気持ちもしたけれど、良い選択だったのだと思います。

そして2018年、一般人と結婚されました。

またももクロ、脱退後もメンバーとは良好な関係を築いていると言われ、楽屋を訪れたりライブに行ったりする様子が伝えられています。

それは早見あかりさんとそして現ももクロのメンバーたちのお人柄の良さの現れのように思います。

早見あかりさんとももクロの今後の活躍に注目!ですね。

 

Sponsored Link

 

タイトルとURLをコピーしました