テレワークの意味 と 働く人にとってのメリット・デメリット

未分類

テレワーク、という働き方が最近世の中で浸透しつつあります。初めはごく限られた業種や職種で実施されていることかと思いましたが、とうとう我が家でも家族がテレワークになることに。

テレワーク、テレワークって言うけれど、いったいそれって何!?

Sponsored Link

テレワークの意味

テレワークは〝telework”と書きます。

teleには望遠とか遠い、という意味があって仕事「work」と付けてteleworkという造語で会社から離れたところで情報通信手段を使って仕事をすること、です。

私は最初、テレはtelephonのteleかと思ったのですが、そうではありませんでした。何故telephonのteleと思ったかというと・・・家族がテレワークをすることになった時、自宅に会社のパソコンを持ち込みあれやこれや作業をして会社と通信できる状態に設定していたので
これは電話の回線を使っているのだな、と想像していたのです。でも、telephonではありませんでした💦使っているのも電話の回線ではありませんでした💦

テレワークと在宅勤務・SOHOとの違いは?

テレワークは会社から離れたところで仕事をすることなので、別に家でなくても良い、というのが建前だそうです。例えばカフェとかどこかのレンタルスペースとか。でも、情報の漏洩を防ぎたいたいとか、いろいろな事情で実際は制限があるのでしょうけれど。

それに対して在宅勤務は「自宅で仕事をすること」なので、自宅以外の仕事は「在宅勤務」と認められないようです。

また最近よく耳にするSOHOSmall OfficeHome Officeの頭文字をとったもので、その言葉通り小さなオフィスや自宅のオフィスで仕事をすることだそうです。

そう考えると、テレワークという大きなくくりの中に在宅勤務やSOHOがある、という理解がよいのかなあと思います。

Sponsored Link

テレワーク~働く人のメリット・デメリット~

実際に家族がテレワークをしていると、いくつかの問題が生じてきました。

①仕事中、とは言えそこにいるわけですから家族は何かを頼みたくなってしまう衝動に駆られます。つまり仕事と家庭の線引きが難しい、ということです。

(例えば・・・私は出掛けるけど2時に洗濯ものを取り込んでね、とか。春休みで遅く起きてきた子供が「ご飯まだ?」なんて聞いたり)。できればリビングでないところにお仕事の場を作りたいですね。

②運動不足になりそうなこと。通勤が無くなって今まで毎日強制的に?歩いている距離を歩かなくなるわけですから、別の機会を作って運動をするように心掛けたいですね。

でもこれらの問題点は、裏を返せばメリットになります。

育児や介護を抱える人にとっては自宅でそれらを担いながら働き続けることができる、というメリットがあります。

また通勤が無い、ということはその時間がかからないのでその分仕事や家事に回せるのもメリットです。

テレワークに向く仕事と向かない仕事があることは確かですけれど、もし家族や自分がそのようになったら、そのシステムを上手に使ってメリットを享受したいものです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました